首都プノンペンのロックダウンは解除されました。

最終更新: 5月13日



カンボジア政府の「ロックダウン明けの州を跨いでの移動は問題ない」との発表により、シェムリアップに向かったのですが、州知事の急な判断で、2週間の隔離を言い渡たれ、現在は事務所で待機中とのことです。(政府の連携がとれていないのは、カンボジアでは、よくあることだそうです)


日本人スタッフが動けるようになるまで、井戸の候補地については、現地に駐在しているカンボジア人スタッフが調査を進めております。


少人数で対応しておりますことと、コロナの影響等で、突発的なこともあり、調査にも多少時間がかかっております。申し訳ありません。


ご支援いただくお気持ちを大事に、少しでも早く貧しい村に井戸が建設できるよう、工夫しながら、井戸の候補地の調査、および井戸建設を進めております。


井戸建設支援のご依頼を頂いている支援者の方には、候補地が決まり次第、順番にご連絡しておりますので、お待ちいただければと思います。


よろしくお願い致します。










23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

首都プノンペンのロックダウンについて(5/5まで)

外出しづらいゴールデンウイークですが、いかがお過ごしでしょうか? カンボジアの首都プノンペンのロックダウンについて、5月5日まで延長、6日から解除される予定です。 (カンボジアの建設会社(KHJ Constructions)はプノンペンに会社があります) KHJの対応としては、現在、シェムリアップ近郊(小型井戸の建設候補地)にカンボジア人スタッフを駐在させて、候補地の選定と建設業務を進めております

首都プノンペンのロックダウン(4/28まで)による井戸完成遅延について

カンボジアの建設会社(KHJ Constructions)より、以下の報告がありました。 (※KHJはプノンペンに会社があります) ーーーーーーー (KHJ担当者より) 4月15~28日までカンボジアの首都プノンペンにおいて、コロナの影響によるロックダウンが実施されています。 学校に関しては、現在、全土に渡り休校になっております。 現在、建設地までの往来ができず、井戸建設(候補地の選定~建設)の進